性行為でうつる病気のことを性感染症(STD)といいます。若い世代の性に対する意識が開放的になっていることや、性行為が多様化していることなどの影響もあり、最近では性感染症のリスクや、若い世代の感染率が高くなってきています。

性病と高血圧性心臓病と感染症予防方法について

高血圧性心臓病は高血圧の症状により、大きな負担を心臓にかけることになります。高血圧性心臓病の場合は、いくつかの異なる心臓障害でもあります。高血圧性心臓病は、圧力を受けた状態で一生懸命に心臓が働いている状態でもあります。主にメインとなるリスクの要因は高血圧であり、運動不足とか体重の増えすぎなども、リスクを高める要因となります。コレステロールの高い食事を頻繁にしたり、高脂肪食品を口にする機会が多いとか喫煙習慣もリスクを高くしやすいです。女性よりも男性の方が、心臓疾患は掛かりやすい傾向にもあります。

家庭でできる感染症予防方法として、まずは感染源を知ることから始めましょう。感染症の大元となるウイルスや細菌に汚染された食品や器具、持っている人などです。感染症発症者はできるだけ早く発見して、すぐに治療をすることです。室内などは日常的に清掃をして、清潔を維持することも感染症予防方法となります。感染源は家の中に持ち込まないことです。さらに、増やさないことも重要です。感染症予防方法として、感染経路の把握もしましょう。体内へ侵入する経路は、空気感染屋接触感染、飛沫感染や血液媒介感染もあります。うがいや手洗いをしっかりとして、清掃を徹底することです。

腟トリコモナス症も、性病の一つであり、原虫により感染する病気です。乾燥にはめっぽう弱い原虫ではありますが、水中には強いため、水の中では性病としても長く感染を維持しやすいです。腟トリコモナス症の性病は、成功賞だけではなく、タオルや下着からの感染の確率もあります。かゆみを感じるk所ともあれば、無症状のケースもあります。しかし日本国内においては、腟トリコモナス症の感染者は少なくなってきています。